ブログ

2021年8月23日(月曜日)

フォトウェディング打ち合わせは何を決める?準備から当日までの打ち合わせの流れ

カテゴリー: - 宮下帆乃花 @ 11時33分27秒

近頃ではコロナ禍の影響で『フォトウェディング(フォト婚)』をする新郎新婦様が増えております。

フォトウェディングとは、結婚式をする代わりにウエディングドレスやタキシード、和装など結婚式の衣裳を着て、お好きなロケーションで写真撮影をすることです。

似たような言葉で『前撮り』『後撮り』などがありますが、前撮りや後撮りは結婚式をあげることを前提としているためフォトウェディングとは少し異なります。

「結婚式を挙げたいけど、ゲストを呼ぶには気兼ねしてしまう」
「コロナで結婚式を延期することになった」
「今は無事にできるかわからないから、結婚式を挙げるのはもう少し先にしようかな…」

など、めでたく結婚が決まったのに挙式ができないという悩みをもった新郎新婦様が、このフォトウェディングに注目しています。

フォトウェディングでは新郎新婦様のみで行うので、ゲストを懸念する必要はなし◎

結婚式を延期している方は、空きの期間に撮影をしておくと結婚式当日に使うオリジナルウェルカムボードも作れちゃいます☆

フォトウェディングは結婚式を挙げるよりも安く手軽なため、
「結婚式をあげるには費用が…」という方にはもちろん
「再婚なのでお披露目は控えたい」
「妊娠中だから式の準備が難しい」
という方々にもおすすめ。

そして好きなロケーションで思うままに写真に残せるのがフォトウェディングのメリット。

沢山の人に囲まれて動きまわる結婚式とは違い、フォトウェディングは写真撮影だけに集中できるので、ふたりの世界観をつめこんだ『雑誌のような一枚』を撮ることができます。

そしてフォトウェディングも結婚式と同様、しっかりとした打ち合わせをします。

「実際に私たちが当日までに決める事ってなに?誰と何をどのように打ち合わせるの?」

そんな声にお応えして、今回はフォトウェディングの実際の打ち合わせについてご紹介していきます。

フォトウェディングをご検討中の方は「こんな感じなんだな〜」とイメージできてもらえればなと思います😊

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

【打ち合わせから当日までの流れ】

打ち合わせは2〜3日(1日1時間〜1時間半)に分けて行い、撮影本番までに打ち合わせます。

1.ウェディングプランナーとの打ち合わせ
・撮影日
・ロケ地選び
・今後のスケジュール

2.衣裳合わせ

3.各スタッフと打ち合わせ
・装花
・アルバム・データ
・ヘアメイク

そしてこの打ち合わせから本番当日まで総合プロデュースするのが『ウェディングプランナー』。

ウェディングプランナーとは、新郎新婦様のご要望に沿ったフォトウェディングになるようプランニングし、準備から当日まで総合的にサポート・プロデュースする役割を担っております。

新郎新婦様のカウンセリングや打ち合わせのセッティング・各業者の手配など、すべてウェディングプランナーがメインとなって動くので、すべての打ち合わせにはプランナーが同席しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●打ち合わせ〜撮影日までの期間の目安

打ち合わせから撮影日までの目安は、だいたい3ヵ月〜6ヵ月ほどが目安です。
撮影日間近の打合せだと、着たい衣裳がすでに予約されていたり、屋外撮影の場合、梅雨や真夏・真冬を避けて撮影を行うので、季節によっては既に予約がいっぱいということも。

なので「6月に撮影したい」と考えている方は、その年の1月〜3月頃から打ち合わせを始めるとよいですね。(ちなみに結婚式は約1年前くらいからがベスト)

中には「できるだけ早く撮影をしたい」という方もいらっしゃいますので、その際にはしっかりカウンセリングしながら早急な対応をさせていただきます◎💪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【打ち合わせ1回目】
サロンにてウェディングプランナーと打ち合わせ

●撮影日
当日は新郎新婦、プランナー、カメラマン、美容師が同行するので、それぞれの空きの日を撮影日に設定します。
できるだけ梅雨や真夏・真冬を避けた時期を選びますが、雨が降った際のことを考え、予備日も設定しておきます。

●ロケ地選び
ロケ地は衣裳を決めてから選ぶこともありますし、ロケ地に合わせた衣裳を選ぶこともあります。

※例「和装を着たいから広島城で撮りたい」「ズムスタで撮りたいから赤いドレスと赤いタキシードがいい」など。

とくに希望がない場合も、ウェディングプランナーがお二人に合わせたロケ地候補を挙げていきますのでご安心を♪

(決めたあとでも、予約制のロケ地でなければ変更も可能です◎)

●今後のスケジュール
衣裳合わせ、装花、アルバム・データ、ヘアメイクなどの打ち合わせ日を決めます。
新郎新婦様とそれぞれの店舗・スタッフの空き日を連絡し合い、セッティングします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【打ち合わせ2回目 衣装合わせ】
衣裳屋さんにて衣裳スタッフ・プランナーと打ち合わせ

衣装合わせは衣裳屋さんへ訪問して試着します。
ドレスアップした姿は新郎様も新婦様もどきどきわくわくしますよね。

そして衣裳選びはいちばん時間がかかる打ち合わせ。
なのでラ・マリアージュは衣裳の打合せは何回行ってもOKにしております♡

現在ラ・マリアージュが提携している衣裳屋だと、和装100点以上・洋装80点以上の種類豊富な品揃えとなっております。

〜主な衣裳屋さん〜
二条
ゆかり屋
ミュゲ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【打ち合わせ3回目 装花】
サロンにて花屋さん・プランナーと打ち合わせ

ブーケ・ブートニア・ヘアードなど、衣裳やロケ地の雰囲気に合わせて花を決めます。

生花かドライフラワーか、季節の花にするか・色で統一するか・おふたりの好きな花など…花屋さんとプランナーが一緒に新郎新婦様とカウンセリングしながら進めていきます。

パッと想像できなくても、似たような事例写真を見たりできるのでイメージしやすいですよ◎

〜主な花屋さん〜
ル・パサージュ・エメ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【打ち合わせ3回目 アルバム・データ】
サロンにてカメラマン・プランナーと打ち合わせ

アルバムの種類や写真のイメージについて打ち合わせます。

アルバムはどの種類で何ページにしたいか、データは全データ希望なのか、どんなイメージで撮影したいか。

アルバムのサンプルを見せたり、今まで撮影してきたお写真の様子を見ながら決めていきます。

中には新郎新婦様がラ・マリアージュのInstagramを見て「こんな写真を撮りたい」と見せてくれたりすることも👌

ラ・マリアージュInstagram

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【打ち合わせ3回目 ヘアメイク】
リハーサルメイクをする場合、美容院にて美容師・プランナーと打ち合わせ

ヘアセットは新婦様が事前にしてほしい髪型を決めておいて、美容師・プランナーに伝えます。

そして本番前に一度『リハーサルヘアメイク』をすることもできます。

「髪が短くて想像していたヘアセットができない」
「思っていたメイクと違った」

といったような事態を本番前に防ぐことができますし、実際にどんな雰囲気のメイクになるのか事前に確認できて安心です◎(口頭での打合せだけでもOK)

〜主な美容院〜
クローディー

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?

ラ・マリアージュのスタッフたちは結婚式や披露宴、フォトウェディングなどブライダル全般のお手伝いを数多く経験しているベテランのスタッフが勢ぞろい。
なおかつ今までの新郎新婦様から「スタッフみんなのチームワークが良くて、とても親しみやすい」と評判をいただいております。

ラ・マリアージュのスタッフ紹介記事

ですので、マニアックな場所でもプロのカメラマンが構図を考え、新郎新婦様の自然な表情を引き出し素敵な写真に仕上げてくれます👌


カープファンには「マツダスタジアム」


戦艦マニアには「アレイからすこじま」


2人の地元のみかん畑で


親子で家族フォト

お二人の好きな場所・思い出の場所・家族フォトなど様々なシチュエーションが対応可能です◎

お二人だけのオリジナルなウェディングフォトを残してみませんか?

「こんなところでも撮影できますか?」「こうゆうことをしてみたいのですが…」など、ご質問・資料請求・無料相談はお問合せフォームからぜひお気軽にお問合せくださいませ😊


2021年8月9日(月曜日)

夏季休暇のお知らせ

カテゴリー: - 宮下帆乃花 @ 12時19分27秒

誠に勝手ながら、下記日時を休業とさせていただきます。

8月13日(金)〜8月17日(火)

※8月18日(水)より、通常営業を開始いたします。

お問合せなどございましたらお問合せフォームの
メールまたはラインまでご連絡くださいませ😊


2021年7月30日(金曜日)

夏本番!ビーチフォトでのポージングやアイテムでより素敵に撮る方法♡

カテゴリー: - 宮下帆乃花 @ 11時16分32秒

蝉も本格的に泣き始め、夏本番がやってまいりましたね😆🔥
オリンピックも始まり、今年はさらに燃え上がる夏になりそうです✨

そして夏といえば「海」ですよね〜!
海はウェディングフォトでも人気のスポット。

今回はビーチで撮影する際、より素敵なショットを撮れるポージングやアイテムをご紹介しようと思います✨

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

●プロポーズショット

新郎がひざまずいて花嫁にプロポーズするシーン。

「Marry me?」

アイテムはブーケや指輪を準備しておくと◎

後ろに隠し持っているのはまさか…!♡

●抱っこ

一度は憧れる抱っこショット!
なかなか抱っこしてくれるチャンスはないので、この機会にしてもらいましょう😊

●キスシーン

ほっぺに軽くちゅっと😘

●麦わら帽子、サングラス

この2つは夏らしさがグッとでますよね!一輪の大きなひまわりも素敵です♡

●スニーカー


こちらのお二人の出会いは靴屋さん
おそろいのスニーカーでLOVE♡

●フレーム

砂浜にサクッと刺してフレームに収まるふたり。
ビーチならではの演出ですね!指輪でもできそうかも💍

●イニシャルオブジェ

イニシャルオブジェはビーチ以外でも様々なロケ地で活用できますよ♡

●夕暮れ

海のロケ地は撮影する時間帯によって大きく雰囲気が変わるので、1つの場所でガラッと違う雰囲気のショットを撮ることができます♪

●オリジナルアイテム

ウェディングフォトはお二人の好きなアイテムを持ち込めるのがまた良いところですよね♪
アイテムを使う事でお二人ならではのショットが撮れますよ😊

お二人の名前と記念日が入ったオリジナルカチンコ☆

お二人の大好きなバトミントン。撮影用に持ってきてくださいました♪

こちら新郎新婦様は熊本でトマト農園をされています。
お二人の愛情たっぷりで育ったトマト、絶対に美味しいはず!

こちらのお二人は撮影が秋ごろだったので、新婦様はデニムのはおりを持参してくれました
新郎様もシャツがデニム生地だったので、おそろい感がでてより素敵♡

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

いかがでしたか?

当日はカメラマンやプランナーがより素敵なショットを残すために、ポーズの誘導をしていきます。
もちろん、お二人が「これをしてみたい!」というポージングやご希望があればなんなりとおっしゃってください☆(そのほうが嬉しいです♪)

ラ・マリアージュのビーチでの撮影場所は坂町や、瀬戸内海の島、新郎新婦様たちの故郷での撮影が多いです♪
前撮り・ウェディングフォトの撮影地は決まった場所がないので、様々なロケ地での撮影が可能ですよ◎

もちろん「特に希望がないよ〜」という方も、大丈夫!
プランナーがしっかりカウンセリングをし、それに合わせた候補を挙げていきます👌

「ここでも撮れますか?」というご質問があればお気軽にお問合せくださいませ〜!

お問合せはこちら

まだまだ暑い夏は続きます!みなさん水分はこまめに摂って、熱中症にお気をつけくださいね〜!


2021年7月7日(水曜日)

まさにエモい。新たな撮影場所を求め、呉市のロケ地巡りツアー!新スタイルのウェディングフォトが撮れそうかも?

カテゴリー: - 宮下帆乃花 @ 12時54分20秒

前回の記事の続きで、ラ・マリアージュは新たなウェディングフォトのロケ地を探すために、ロケハンへ行ってまいりました!
(※ロケハン…ロケーションハンティング。撮影に適した景色のある場所を探すこと、ロケ先の調査。)

まずは広島市近辺から見つけていこうという事で、『呉市』へ向かうことに◎

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

最初に向かったのは『アレイからすこじま』

アレイからすこじまは国内で唯一、潜水艦を間近で見ることができる公園で、実際の海上自衛隊の潜水艦と護衛艦がイカリを下ろしています。

レンガ色や海に浮かぶ潜水艦がレトロな雰囲気を出してくれて、なんだか新しいスタイルのフォトが生み出せそう…!!

●ちなみに…
「アレイからすこじま」の名前の由来は、呉浦にあった周囲30〜40mの「からすこじま」(大正時代に魚雷発射訓練場として埋立)という小島の名称と、英語の小道(アレイ)からきたものらしいです!✍へぇ〜

周りは旧海軍工廠のレンガ建造物が並ぶレトロな雰囲気。
近くには赤れんが倉庫をリノベーションした『澎湃館(ほうはいかん)』があり、館内はカフェや呉名物のお土産売り場などがあるそうです。
イベントも随時開催しているそうなので一度行ってみたいですね〜!!

【所在地】呉市昭和町8
【入場料】無料
【駐車場】無料駐車場有り

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

つづいて向かったのは『入船山記念館』。

旧呉鎮守府司令長官官舎(国重要文化財指定)を中心に、郷土館、歴史民俗資料館があり、呉の歴史をたどるにはもってこいの施設です。

『旧呉鎮守府司令長官官舎』
旧呉鎮守府司令長官官舎は、洋館部と和館部で構成されており、1892年から呉鎮守府司令官官庁として利用されはじめ、1905年に芸予地震で崩壊したため、同年に再建築されました。

【洋館部】

【和館部】

和館部では歴代の32名の司令長官とその家族が暮らしていたそうです。
昔ながらの景観でどこか懐かしい雰囲気を感じます…!

和・洋と両方の景観が揃っており、レトロモダンなショットが撮れそうな予感…!
歴史について勉強にもなりました◎

【休館日】毎週火曜日 ※祝日・休日の場合は翌日休館
【観覧料】一般 250円/高校生 150円/ 小中学生 100円
【開館時間】9時〜17時
【所在地】広島県 呉市 幸町4番6号
【URL】入船山記念館ホームページ

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

最後に向かったのは『れんがどおり』。

レンガが敷き詰められた市内で最も賑やかな商店街で、「呉」ならではのお食事やお土産物、スイーツなど、各種名店が軒を連ねています。

最初どこがれんがどおりなのかわからずスタッフが戸惑っていると、通りかかった地元の方が教えてくれました😭✨呉市の方はお優しい人ばかり…ありがとうございました!!

中道に入ってみると、なんだか懐かしい雰囲気の建物や看板が立ち並んでおり、テンションが上がるスタッたち(((o(*゚▽゚*)o)))エモい〜!

川側方面へ商店街を抜けると大橋が架かっており、そこでパシャリ📷
ここもなかなか良い場所だ〜✨

れんがどおりは呉ならではのごはんやスイーツ、お土産など各種店舗が建ち並んでおり、昼食やお土産もこちらでいただきました😋ごちそうさまでした〜!

れんがどおり
【所在地】広島県呉市中通

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

【おまけ】

※ミーティングの様子

今回の撮影は従来のウェディングフォトとは少し違った雰囲気なので、スタッフも試行錯誤しながら進めております…!💪🔥

ほかにもどんどん様々な撮影スポットを発掘していく予定のラ・マリアージュ❁
「こんなところも撮れますか?」というご質問があれば、こちらからお問い合わせくださいませ♪

次回は本番の撮影!お楽しみに♪


2021年6月15日(火曜日)

廃線になった駅の跡地を撮影スポットに!?これからは「こんなところでも」撮影できるウェディングフォト

カテゴリー: - 宮下帆乃花 @ 13時48分38秒

先日、今後のウェディングフォトについて考えさせられるニュースを見かけたので、ちょこっとご紹介いたします↓↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ニュース記事引用元】「どこまでも続くよ、 2人の線路 廃止駅で結婚式の前撮り 島根県川本町」

<本文>
島根県川本町観光協会が、石見川本駅(同町)の跡地活用につなげようと、今夏に式を予定する江津市の新婚カップルの要望を受けて、初めて実現させた。本来立ち入れない線路も歩ける撮影スポットとして、利用をPRする。

 昨年12月に結婚したJR西日本の運転士持田考基さん(26)と、公務員の光さん(25)が20日に撮影。考基さんは制服、光さんはドレスを着て、線路上を歩いたり見つめ合ったりしながら写真に収めた。ホームや改札口、待合室でも撮り、バラの花で飾った「レールバイク」にも乗った。

 光さんが今年8月の結婚式を前に、考基さんの仕事に関係する場所での写真を希望。駅で撮影できると知り、同協会に申し込んだ。考基さんは「普段レールの上を歩けないので貴重な体験ができた」。光さんは「自然豊かですてきな場所だった。夫の制服姿も見られて満足」と喜んだ。

(以下略)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この鉄道での撮影ニュースは、ラ・マリアージュにとって、非常に興味深い内容でした◎

近頃ではこのコロナ禍が続く中、挙式するのを悩んでおられる新郎新婦様が多いのが現状。
中には延期・中止した方もおられます…

「結婚式をしたいけど、またどうなるかわからない」

先の見えない不安に悩む新郎新婦は多いです。

そこで、その悩みの解決策として登場するのが「ウェディングフォト」

以前もこの記事でコロナ禍のウェディングフォトについてご紹介しました◎


(カープファンのお二人)

ウェディングフォトの撮影なら新郎新婦様と最低限のスタッフのみで行うので、コロナを懸念しなくてもOK。
「挙式ができなくても撮影だけなら…!」とお問い合わせしてくださる方も数々もいらっしゃいます。


(お二人の出会った学校)

現在、ラ・マリアージュでは全国各地へのウェディングフォトの撮影が可能ですが、今後はもっとお客様のニーズに沿った撮影をしていきたいと考えております。

例えば、先ほどのニュース記事の『鉄道フォト』。

「こんなところでも!?」と思いましたよね。

ですが、このニュース、鉄道マニアには非常に興味深く
「自分も撮影するならこうゆう自分の好きなところで撮りたい…」
そう思ったはずです。

このような「○○ファン」「○○マニア」「思い出の場所」など新郎新婦様の想いが詰まった、より素敵なウェディングフォトを残せるよう、ラ・マリアージュは追及していきたいと思います。


(地元のみかん畑で)


(大好きなスキー場で)

今はリサーチ中ですが「こんなところはどうでしょうか?」という撮影候補場所を今後はあげていく予定です✨

「ここでもできますか?」「こうゆうのをやりたいのですが…」という疑問点やご質問等があれば、ラ・マリアージュにぜひご相談ください。

お問い合わせはこちら

プランナーとのご相談も無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ^^


34 queries. 0.035 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

感謝を伝える結婚式 - 広島 - ラ・マリアージュ