ブログ

2018年12月12日(水曜日)

厄年のお守りに

カテゴリー: - 沖本咲樹 @ 14時06分51秒

女性は30代の大半を“厄年”で過ごします。

32歳の前厄からはじまり、本厄(33歳)、後厄(34歳)。
また2年後にやってくる
前厄(36歳)、本厄(37歳)、後厄(38歳)

30代、ほぼ厄年・・・!!

私も絶賛厄年のさなかにおりまして…
厄払いにも欠かさず行っています。

厄年の人には厄除けの意味を込めて
・長いもの
・七色のもの
・うろこ模様のもの

をプレゼントすると良いと言われています。

私は同じ厄年の友人と何かプレゼントを贈りあおかと現在検討中なんです。
持っていなかった一粒ダイヤのネックレスが候補にあがっています :au_419:

ダイヤモンドは世界一硬い石。
このことから、どんな困難も突破できるという意味合いがあるそうです。
キラキラと輝くダイヤモンドは女性の憧れてもありますよね!

大きさや品質も様々なので友人と吟味しながら決めていきます。

来年の厄年、皆さんは該当していませんか?

2019年の厄年<男性>

2019年の厄年<女性>

神社で挙式された方は
厄払いに挙式された神社へ行かれる方もいらっしゃるのかな?

挙式した神社で、厄払い、初詣、お宮参り、七五三と
家族の行事が行えるのは幸せなことですね :au_803:

私も初詣や厄払いに行く神社は
自分守ってくれているような気がしていつも同じ神社へ行きます。

まだまだ続く厄年・・・

しっかりと厄払いしてもらってきます。


43 queries. 0.029 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

感謝を伝える結婚式 - 広島 - ラ・マリアージュ