豆匠 - カップルレポート

2010年6月20日 よしひろサン・ようこサン 比治山神社〜豆匠

2010年6月20日 よしひろサン・ようこサン 比治山神社〜豆匠
2010年6月20日
よしひろサン・ようこサン
比治山神社〜豆匠
『6月に結婚した花嫁は幸せになれる』といわれているジューンブライド。
しかし日本では梅雨まっさかり!という、ブライダル泣かせの6月。
そんなある日曜日、よしひろサンとようこサンの結婚式が比治山神社で行われました。




実はこの日の天気予報は、1週間前から雨マーク!(>_<)
『とにかく雨だけは降らないで!!』と天気のことをとても心配していたのですが、
その予報がだんだんくもりとなり、
当日はおふたりの想いが通じたのか、なんとか雨も降ることなく乗り切ることができました。

現在は大阪在住のおふたり。
よしひろサンが広島県のご出身ということで、
ご親族様だけの小さな結婚式を行うこととなりました。

実はこの日、私・小谷はカメラマン初挑戦!!
以前、ダンナが衝動買いした『いいカメラ』を持って望みました。
ちなみにいいのはカメラだけで、腕は・・・といった感じです。

もともとかつらをかぶる気はなかったようこサン。
しかし、美容師さんと打ち合わせの際に『ものは試し!』とかぶってみたら・・・




コレがまた、似合うのなんの!!(笑)
私も美容師さんもお母様も大絶賛だったため、
挙式ではかつらをかぶることになりました。
実は、以前京都で舞妓体験をした時もものすごくかつらが似合っていたらしく、
ようこサンいはく『かぶりもの』が似合う顔らしいです。



ホント、お似合いです♪(^0^)/


白無垢は、ようこサンのお母様の
『アンタ、これが一番よう似合うわ』の一声で決定しました。
打掛の後ろとそでに色の入った糸で鶴の刺繍がしてある、
個性的で、おとなっぽい白無垢です。




そして、よしひろサンの紋付には家紋をいれました。
おふたりこだわりのお衣裳です。




挙式前に、ご友人に自分の花嫁姿を写メして送るようこサン。
『みんなにこのおもろいかぶりものを見せないと!』
と、なぜか意気込んでおられました。
さすが大阪人!
いつでも笑いははずせません。




おふたりとご参列者の参進で、挙式が始まりました。




挙式後にはご参列者との集合写真撮影をされ、
しばしのフリータイム。

この日のご親族様は、カメラや携帯を片手に
おふたりの写真をとりまくっていらっしゃいました。
ご親族にとっても、おふたりの結婚はとても喜ばしいことです。




晴れてご夫婦となられたおふたり。
豆匠の前で記念撮影です。




この日のご会食は、比治山神社のすぐ裏手の豆匠にて。




ようこサンのご希望で、高砂はゲストと同じ高さで作られました。



そして、この日のテーブル装花は引出物同様、
各ご家族に1個ずつプレゼントしたいと各家族分ご用意され、
そのままお持ち帰りできるようコーディネートされました。




ようこサンはお色直しで黒の引き振袖と洋髪にヘアチェンジ。
白無垢とはまた違った印象です。
頭には、たくさんの生花を飾りました。




会食が始まり、ほっと一息つかれたおふたり。
お酒が大好きというよしひろサンは、
乾杯直後からずっとビールとお友達でした。(笑)




合間を見て、ゲストのテーブルを回られてお酌をされたり、
ご歓談されたりと、ゲストとの時間を楽しまれたおふたり。




ご親族の方も、とても明るくおもしろい方たちばかりで、
会場内もとてもワイワイとにぎやかでした。

そしてご会食も中盤にさしかったころ、カラオケがスタート!

何名かのゲストの方が歌われる中で、
突然ようこサンのお父様とお母様のデュエットが始まりました。



これにはようこサン、ビックリ!!
ある意味、ご両親様からのサプライズですね☆
『恥ずかしいわぁ』といわれつつも、ようこサン楽しそうでした。




ご会食もおひらきとなり、豆匠の庭園で記念撮影。




かーなーりお酒に酔っ払ってしまったよしひろサンを、
たしなめつつもさらりとかわすようこサン。
このやりとりが、なんともいえず絶妙でした。(笑)




私たち的には、よしひろサンが池に飛び込むんじゃないかと、
かなりヒヤヒヤしながら見ていましたが・・・




約1ヵ月という短い間ではありましたが、
お仕事がなかなか休めないよしひろサンに変わって、
ようこサンとお母様が中心となって、打合せをさせていただきました。
いつも大阪からなれない地へお越しいただき、
引越しやお仕事もある中で、本当に大変だったと思います。
そんな合間に、席次表などのペーパーアイテムもすべて手作りされ、がんばられました。
そして、生粋の大阪人のすばらしさと面白さを、肌で感じることができました。
また広島に里帰りされたときは、おふたりで遊びにいらしてくださいね。

おふたり、末永くお幸せに!!




プランナー 小谷郁子

投票数:51 平均点:5.61

豆匠

感謝を伝える結婚式 - 広島 - ラ・マリアージュ